キャリア採用 情報

キャリア採用の得ネタ情報

会社での上司のあり方について思うこと

私は以前、某ファミリーレストランにて厨房の仕事をしていました。こつこつと働き、職位も上がり新しく入社してきた人間を指導する位までになっていました。毎日、昼時には目が回る位に忙しい職場でしたが、やりがいは感じていました。全国区のファミリーレストランのですが、正社員は1店舗に多くて2人で、俗にいう転勤族でした。

 

チェーン展開をしているその会社では、店長、副店長が大概正社員で良く入れ替わりたちかわりでころころと替わっていました。替わる度に色んな店長がいるのですが、それでもそれなりに人間関係は上手くいっていました。ですが、私が働き始めて5人目の店長が店舗に来てから、私の仕事環境は、がらりと変わりました。

 

それまで積み上げてきた私の仕事経験を否定され、与えられる仕事もがらりと変わり、かなりのストレスを感じていました。それでも会社組織の上下関係だから仕方ないと我慢しながら与えられた仕事を黙々とこなしていました。

 

ですが、ある日、私の中で我慢が限界が達する出来事が起こりました。パワハラです。仕事に対するキツイ物言いは今まで我慢してきましたが、私生活に関する言葉の暴力には耐えられませんでした。

 

それがきっかけで、私はストレスから心的病を患い会社を辞める事になりました。それまで積み上げてきた私の会社での実績や人間関係を失い、ある意味で人間不信に陥りました。会社で上に立つ人間は、人として最低限の人間としてのモラルを持ち、また会社でも下の人間に対する接し方の教育を行うべきだと思います。

 

忙しくても、体力的につらくても自分を支えてきたものは、会社からの信頼をうけているという自負であり、そして自分自身の誇りでもありました。しかしそれは盤石な土台の上に立っているものではなく、崩れやすい脆い土台の上にあるものです。だからこそ、上に立つ人間というのは努めて信頼を得るために努力してほしい、そう思うのです。

 

キャリア採用に向けた転職について考えるならこちらのサイトが参考になりそうですね。⇒キャリア採用転職step


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ